正しい選び方について解説

子供のための英会話教室  »  このまま英会話教室に子供を通わせても意味ないのでは?

このまま英会話教室に子供を通わせても意味ないのでは?

子供の英会話が無駄だと思ってしまう理由

子供のやる気がない

子供に英会話の勉強をやる気持ちを感じられないとき、英会話を習わせることが無駄だと感じてしまいます。スクールに足が重たそうだったり、スクールからの宿題を自発的に取り組む雰囲気を感じられなかったりしたときに、親は「このまま通わせていて意味があるのかな…」と思ってしまうことでしょう。

「お金を払っているのだから、もっとちゃんと英語を勉強しなさい!」などと叱りつけると、かえって逆効果。子供はますます英語を勉強したくなくなります。

成長が感じられない

特に英会話教室へ通うことを嫌がっているわけではないものの、本当に英語力が上達しているのかどうか、親は不安になることがあります。特に学校の英語の成績に変化が見られなければ、「ちゃんと成長しているの?」と疑問を感じるかもしれません。

本当に成長しているかどうかを確認するためには、担当講師に尋ねてみるしかないでしょう。あるいは、実際に外国人と話す子供の姿を見る機会があれば、子供の成長を感じられるかもしれません。

英語以外にやりたい事がある

子供の興味・関心が英語以外のものにある場合、英会話教室に通わせることを無駄に感じてしまうことがあります。スクールに行く時間ギリギリまでスポーツなどに没頭し、スクールから帰ってくるとすぐに遊びに没頭する、などのケースです。 スクールに通っている時間帯以外に英語の勉強をしている様子が見られない場合、親は「習っている英語が右から左に抜けているのでは?」と感じてしまいます。もちろん、子供は自分の欲求を抑制することが苦手なので、一番興味のある目先のことに夢中になることは仕方ない面もありますが。

子供の英会話学習を成功させるには

焦らない

子供の脳は大人よりも柔軟で吸収力が良い、ということは確かですが、そこに過剰な期待を抱いてはなりません。 英語は一つの言語です。習得するためには、膨大な量の単語や文法、発音などをインプットし、インプットしたものを繰り返しアウトプットするという時間が必要です。いかに吸収力が良いとされる子供でも、一朝一夕で英語力が飛躍的に上達することはありません。 なかなか上達の見られない子供に対し、親は焦りを感じるかもしれませんが、その焦りが子供に伝わり、プレッシャーから英語嫌いになる可能性すらあります。親は焦らず、長い目で子供の成長を見守る必要があるでしょう。

継続する

膨大なインプットとアウトプットを必要とする英会話である以上、わずか数ヶ月で英語がペラペラになることはあり得ません。コツコツと継続して勉強していきながら、少しずつ知識を蓄積する必要があります。親としては、子供のやる気が低下したとしても、まずは継続して英語を勉強させてみるという姿勢が大切です。

明らかに子供の英語に対するモチベーションが低下してきたと感じられたならば、英語のゲームや漫画などを与えてみることも良いでしょう。

親子で楽しむ

子供は親の顔色を伺いながら成長する生き物です。親が楽しそうにしていれば、子供はそれに合わせた言動を積極的に取りたがります(反抗期などを除いて)。逆に、親が楽しそうでなければ、子供もそれを避ける傾向となります。 このような子供の傾向を利用し、親も英語を楽しむことが、子供の英語に対するモチベーションアップにつながることもあります。たとえば幼児英会話教室に子供を通わせるならば、親も一緒に通って一緒に楽しそうに歌い、踊ってみてはいかがでしょうか?親が楽しそうにしていることならば、子供も楽しく感じるはずです。

まとめ

「うちの子供には英会話は向いていないのでは…」と不安になる親は、むしろ多数派でしょう。一切親の不安なく子供が自発的に英語力を伸ばしていくケースは、ほとんどないと考えて良いかもしれません。 先にお伝えした通り、英会話を十分に習得するためには、膨大なインプットとアウトプットが必要です。そのためには年単位での継続的な勉強も必要です。子供の性格や興味・関心の変化に合わせ、適宜工夫して子供の英語に対するモチベーションを維持させることが、親の取るべき役割と考えておきましょう。